高松眞智子たかまつ まちこ《ピアノ&オルガン》


武蔵野音楽大学卒。
ピアノを柿沼恵子、網節子、平尾康子、清水敬子各氏に師事。声楽を永野馨氏に師事。
卒業後シンセサイザー・エレクトーンを濱口真実、岡田麻里各氏に師事。数多くの楽器演奏家、オペラ歌手と共演。また首都圏を中心に各地のチャーチ・パイプオルガニストとしても活躍しメディア広告などにも起用され、各音楽事務所にて研鑽を積みつつ、後進指導にもあたる。
その後、2005年一般社団法人「姫りんご」の前身でもある任意団体の姫りんごを創設。地域社会への貢献、音楽を通し次世代を担う子供達の発展を願い、当時まだ少なかった乳幼児、車いすの方々など全ての方の来場可能のチャリティーコンサートを手掛け好評を博す。

2007年以降、国の登録文化財「松が峰教会」や「川越教会」では毎年(2011年まで)、2008年に大規模な特別支援学校記念公演を実現。2010年長崎五島列島の施設・病院・学校訪問。2010年ドナルドマクドナルド財団設立のドナルドマクドナルドハウスチャリティーコンサートを自治医科大学の大研修センターホールにて行い、チケット・寄付収益金全額を寄付。その他数多くのチャリティーコンサート等を手掛ける。
ドナルドマクドナルドハウスにおいては企業や団体・個人が支援を行う架け橋を行い現在も継続支援、また東日本大震災遺児支援も行っている。
これまでのコンサートでは音楽家を目指す子供たちと演奏家が共演する場も手掛ける。東京新聞の特集記事や栃木放送出演、その他の紙面にも活動が紹介される。企業や団体、各クラブやイベント・パーティー等での要望を受け企画派遣も行う。
また、教育関連、医療福祉関連、その他、多岐にも携わる資格も多数取得、受賞などもしている。

2011年以降は難病を発症するなどし、現在は若手音楽家や社会福祉等などの支援活動などを中心に多岐に渡り活動している。
2013年横浜市青葉区子育て支援「はじめて親になる夫婦のための講座」にて講演。2014年品川プリンスホテルにて第21回チャリティーコンサート主催。2015年及び2018年横浜市青葉区ロビーコンサート、2018年10月第37回かがやきクラブ横浜大会にてゲスト出演。
一般社団法人「姫りんご」代表理事。

芹澤佳通せりざわ よしみち《テノール》


ボローニャ国立音楽院声楽コース卒業。
第38回イタリア声楽コンコルソ「ミラノ大賞」及び松下電器賞受賞。第11回長江杯国際音楽コンクール第1位ならびにテノール特別賞受賞。コンコルソ・ズッケッリ2012(ボローニャ)第2位。第6回東京国際声楽コンクール最高位および東京新聞賞受賞。

2015年ロームシアター京都竣工式において、小澤征爾指揮ベートーヴェン第九テノールソリストを務める。第九アジア初演100周年に当たる2018年は、初演の地である徳島県鳴門市にて開催される「第37回ベートーヴェン第九交響曲演奏会」に於いても、ソリストとしての出演が決まっている。また、今年9月東京二期会オペラ劇場、プッチーニ作曲、オペラ「外套」(新国立劇場オペラパレス)にて、メインキャストでの出演が決まっているなど、今後の活躍が期待されている。二期会会員

今井俊輔いまい しゅんすけ《バリトン》


東京藝術大学音楽学部声楽科を首席で卒業。同大学大学院卒業。
第19回松田トシ賞、アカンサス賞、同声会賞を受賞。同声会新人演奏会、読売新人演奏会出演。第46回日伊コンコルソ第2位。2013年5月、二期会創立60周年記念公演歌劇「マクベス」タイトルロールにて二期会デビュー。また、卒業時の成績により皇居内の桃華楽堂にて御前演奏会を行う。
声楽を、高橋大海、G・N・ピリウッチ、M・アウグスティーニ、直野資の各氏に師事。オペラ・アルテシェニカをダリオ・ポニッシのもと研鑽を積む。数々のオペラ出演の中、「ジャンニ・スキッキ」のタイトルロールであるジャンニ・スキッキ役の演技・歌唱を評価され、同団体より新宿文化センター大ホール「イル・トロヴァトーレ」ルーナ伯爵を演じ、好評を得る。他、出演オペラ作品として「カヴァッレリア・ルスティカーナ」アルフィオ、「アドリアーナ・ルクブルール」ミショネ、「マクベス」タイトルロール、「ファヴォリータ」アルフォンソ、「蝶々婦人」シャープレスなど多数出演。BS日テレ「日本こころの歌」フォレスタにて、バリトンパート担当。二期会会員。

遠藤紗千えんどう さち《ソプラノ》


東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。東京音楽大学修士課程声楽科修了。
2013年より2年間イタリアにて研鑽を積む。オペラでは『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・アンナ、『フィガロの結婚』スザンナ、『魔笛』パミーナ、『シモン・ボッカネグラ』アメーリア、『椿姫』ヴィオレッタ、『ラ・ボエーム』ミミ、ムゼッタ、『妖精ヴィッリ』アンナ、『道化師』ネッダ、『アンドレア・シェニエ』マッダレーナ、『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル等、多数の作品で主役を演じる。宗教曲では『ドイツ・レクイエム』、『レクイエム』(フォーレ作曲)のソリストを務める。静岡県出身。

後藤将文ごとう まさふみ《テノール》


東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。
3年次後期に声種をバリトンからテノールに転向する。これまでに声楽を後藤千恵子、故・毛利準、高橋啓三、秋谷直之、吉田浩之の各氏に師事。首都圏及び地元静岡をメインに、鳥取、愛媛、富山、山形等、各地で多数のコンサートに出演する。オペラでは、「道化師」カニオをはじめ、「仮面舞踏会」リッカルド、「コジファントゥッテ」フェランド、「魔笛」モノスタトス、僧侶、武士等の諸役を演じる。またオペラハイライトでも、「友人フリッツ」タイトルロール、「フィガロの結婚」ドン・バジリオや、「ラ・ボエーム」「トスカ」等に出演。昨年12月には静岡県富士市にて、テノールとクラリネットとのジョイントリサイタル「クリスマスコンサート~テノールの夕べ~」を行うなど精力的に音楽活動を展開している。2010年3月に新設した静岡市蒲原文化センターの完成記念式典・第九演奏会ではテノールソリストをつとめる。現在、二期会オペラ研修所第57期に在籍し研磨を積む。女声合唱団・由比シュリンプコーラス指導者、指揮者。

新井蘭あらい らん《オーボエ》


国立音楽大学卒。東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアールディプロマ科修了。
2005年鹿児島県新人演奏会に出演。第10回長江杯国際音楽コンクール入賞。大学在学中に学生オーケストラと協演。これまでにオーボエを永吉格、真邉省至、杉浦直基の各氏に、室内楽を生島繁、武田忠善、中川良平の各氏に師事。また、京都フランス音楽アカデミーにて、ジャン=ルイ・カペツァリ氏に指導を、モーリス・ブルグ、インゴ・ゴリツキ各氏のマスタークラスを受講。現在、室内楽を中心に活動中。

木主里絵きぬし りえ《クラリネット》


国立音楽大学卒業後、渡仏。国立パリ地方音楽院クラリネット科、オーケストラ科共に審査員満場一致の最優秀で卒業。
在仏中より、ラムルー管弦楽団やプロメテオーケストラのエキストラ奏者として、シャンゼリゼ劇場(パリ)を始めとするフランス各地でコンサートやツアーに参加。
2013年1月にはフランスのナントで、4月にはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(東京)にて、ラムルー管弦楽団のエスクラリネットのエキストラとして出演。また、室内楽にも積極に取り組み、フランス人男性3人と共にクラリネット4重奏を結成し、パリを中心に演奏活動を行う。
2010年春、母校である宇都宮北高等学校吹奏楽部C.M.V.ウェーバー作曲のクラリネット小協奏曲を協演。2010年冬には、エドワーⅦ劇場にてフランス・ラジオ・クラシック主催の”ピーターと狼”のスペクタクルに出演。
第1回栃木県ソロコンテスト金賞・準グランプリ、第3回ヤングクラリネッティストコンクール入選、第1回クラリネットアンサンブルコンテスト一般A部門第一位。
これまでにクラリネットを黒尾実、武田忠善、野田祐介、フランク・アメ、リシャール・ヴィエイユ、アルノー・ルロワ、オリヴィエ・デルベス、フィリップ・ベロー各氏に、室内楽を生島繁、フィリップ・フェロー、ポール・メイエ、エリック・ルサージュ各氏に、木管アンサンブルをジルベール・オダン氏に師事。
現在は、オーケストラ、室内楽を中心として演奏活動を行っている。
MCFオーケストラとちぎクラリネット奏者、Quatuor Clair(クレールクラリネット4重奏)、木管5重奏団「和」メンバー。

鎌田朋幸かまだ ともゆき《トランペット》


2016年8月2日永眠

鈴木麻紗子すずき まさこ《チェロ》

武智司たけち つかさ《トランペット》


東京音楽大学卒業。
2001年「東京音楽大学ソロ・室内楽演奏会」2002年「東京音楽大学ソロ・室内楽定期演奏会」に出演をする。東京音楽大学卒業後、東京音楽大学卒業演奏会」「第73回読売新人演奏会」「第19回ヤマハ新人演奏会」にも出演をし、好評を得る。これまでに、トランペットを津堅直弘、松田次史の各氏に師事。現在はフリー奏者として、オーケストラ、ミュージカル、吹奏楽、アンサンブル等多方面において活躍中。北海道出身。

森林寛もりばやし ひろし《トランペット》


東京音楽大学卒業。
読売新人演奏会出演。東京音楽コンクール金管部門入選。劇団四季「オペラ座の怪人」「ウィキッド」東京宝塚歌劇団「スカーレットピンパーネル」赤坂actシアター杮落とし公演「トゥーランドット」などのミュージカルにオーケストラで出演。

これまでに、トランペットを津堅直弘、高橋敦、白石実の各氏に師事。現在、クロサワ楽器トランペット講師の他、オーケストラ、金管アンサンブルなど多方面において活動中。

梅沢洋うめざわ ひろし《サックス》


14才よりサクソフォンをはじめる。長崎県立長崎東高等学校卒業、山口大学大学院教育学研究科修了。
これまでにサクソフォンを甲斐尚美、野村亮太、波多江史朗、東涼太、彦坂眞一郎、松原孝政の各氏に師事。ジャン=イヴ・フルモー、ジェローム・ララン、ニキータ・ズィミン各氏のマスタークラスを受講。
現在、ソロ、アンサンブル等、多岐にわたり活動中。
2012年より毎年ソロリサイタルを開催し好評を博す。その他コンサートやライブなども多数行っており精力的に活動している。神奈川県在住。

木滑友子きなめ ゆうこ《電子オルガン》


宇都宮短期大学音楽科卒業。
2007年電子オルガン新人演奏会出演。2010年ハモンドオルガンコンクール全国大会にて優秀賞受賞。
現在、ヤマハ音楽教室システム講師。子供から大人まで幅広い年齢層にエレクトーン、ピアノ、コーラス等を指導中

ぴぃスケ《イラスト&オカリナ》


『まちこ先生のキャラクター』生みの親。
姫りんごのシンボルは、これまで多くの子供から高齢者のみなさんに、グッズなどもご好評いただいた為、作品の塗り絵等を子供たちや施設等にプレゼントし、子供たちとの触れ合いを大切に活動しています。

ひめりんごちゃん《キャラクター》


2006年1月1日ぴぃスケから生まれたキャラクター。可愛いキャラクターとは反面、毒舌キャラでもある。

野澤隆のざわ たかし《弁護士・理事》


1999年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、弁護士秘書などを経て2003年司法試験第2次試験に合格。2005年弁護士登録(東京弁護士会所属)2008年城南中央法律事務所を開設(東京都大田区)。所属委員会歴等として税務特別委員会、消費者問題特別委員会、憲法問題対策センター、自治体等法務研究部などがある。
雑誌「プレジデント」に職場で役立つ法律の記事などを多数寄稿。
一般社団法人「姫りんご」理事。
城南中央法律事務所

藤岡隆雄ふじおか たかお《元金融庁課長補佐・理事》


1977年政治とは無縁のサラリーマンの家庭に生まれる。20歳の時、日本の金融危機などを目の当たりにし、沈みゆく日本を強く良くしたいと政治を志す。元衆議員秘書、民進党栃木県第4区総支部長。

一般社団法人「姫りんご」理事。
藤岡たかお公式サイト

丸野寛子まるの ひろこ《クラリネット》


国立音楽大学卒業。クラリネット専攻。
クラリネットを武田忠善氏に師事。2003年エリザベト音楽大学国際音楽セミナーにてミッシェル・アリニョン氏に師事。室内楽を生島繁、武田忠善の各氏に師事。

森さくらもり さくら

一般社団法人 知ろう小児医療守ろう子ども達の会 副代表。

渡辺 成美わたなべ なるみ《ヤマハシステム講師》

木山ゆみこ&まゆみさん

願い星や子供たちの制作物などボランティアさんの中心となり制作してくださいました。

その他イベントの受付から誘導など、掲載しておりませんが沢山のボランティアの皆さまのおかげで無事に開催することができました。ありがとうございます。
この場を借りて御礼と感謝を申し上げます。
今後とも、姫りんごとゆかいな仲間たちの応援を何卒よろしくお願いいたします。

姫りんご代表のご挨拶と歩み
姫りんごの代表挨拶と発足のきっかけや歩みを紹介します。
ゆかいな仲間たち演奏メンバー
ゆかいな仲間たちを紹介♪
姫りんごの活動内容
姫りんごの支援活動やコンサートなど、ギャラリー写真も紹介♪
コンサートのご後援 パンフレット等の広告掲載
姫りんごの活動の趣旨にご賛同いただける方々の参加をお待ちしております。
姫りんごグッズ
可愛い「姫りんご」のキャラクターグッズがいっぱい!プレゼントにも喜ばれています。
姫りんごブログ
姫りんごの仲間たちの活動やお知らせ、子ども支援や線維筋痛症のことなどを発信。

旧ブログはこちらをクリック
姫りんごインスタブログ
姫りんごのインスタをはじめました♪